読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Haskell実行環境をインストールする

Haskellの実行環境をインストールするには、haskell-platformパッケージを利用するとよい。 CentOSの場合は、EPELリポジトリを追加することでインストールが可能。

$ sudo apt-get install haskell-platform    # Ubuntu の場合
$ sudo yum install haskell-platform        # CentOS (with EPEL) の場合

Haskell PlatformにはGHC(コンパイラ)、GHCi(インタプリタ)、Cabal(パッケージマネージャ)等が含まれている。 ghcHaskellコードをコンパイル、runghcでコンパイルせずに実行、ghciで対話環境を起動できる。

-- cat fact.hs
import System.Environment

fact :: (Integral a) => a -> a
fact 0 = 1
fact n | n > 0 = n * fact(n-1)

main :: IO()
main = do
    args <- getArgs
    let n = read $ head args
    print $ fact n
$ runghc fact.hs 20
2432902008176640000