読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非安定マルチバイブレータ回路でLEDを点滅させてみる

電子工作の練習として、簡単な回路を作ってみる。

部品調達

必要な部品がセットになった商品があるので、これを利用する。 また、この商品はスズメッキ線を切って繋ぐようになっているが、いちいちワイヤを切るのも面倒なのでジャンパワイヤセットを用意した。 ニッパーやピンセットは100円均一のもので十分である。

回路図

このセットの回路図は次のようになっている(取扱説明書より引用)。

f:id:inaz2:20160822205104p:plain

LEDの点灯時間の理論値は ln(2) * R * C = ln(2) * 47kΩ * 47uF = 1.53 sec となる。

次のページで、回路シミュレータによる動作のイメージを見ることができる。

LEDを点滅させてみる

ブレッドボード上に回路を組み立て、電池に繋いでみると、次の動画のようになる。

片方のLEDを3Vで動作する電子ブザーPB04-SE12HPRに変えてみると、次の動画のようになる。

関連リンク