読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速にtracerouteする

tracerouteに時間がかかる原因には、主に次の二つがある。

  • DNS逆引きのレスポンス待ち
  • ICMP Time Exceededを返さないhopのレスポンス待ち

したがって、DNS逆引きの無効化およびタイムアウト時間の短縮を行えば素早くtracerouteできる。

Windowsの場合

> tracert -d -w 1 example.com

IPv4IPv6を強制するには、それぞれ-4-6をつける。

Linuxの場合

$ sudo traceroute -I -n -w 1 example.com

Linuxの場合、デフォルトではUDPパケットが使われるが、環境によってはファイアウォールなどで遮断されている可能性がある。 ICMPパケットを使うには-Iをつける。ただし、これにはroot権限が必要になる。

IPv4IPv6を強制するには、それぞれ-4-6をつける。 また、-q 1をつけることでhopごとに送信するリクエスト数をデフォルトの3から1に変更することもできる。